おすすめアーティスト紹介

Featured Video Play Icon おすすめアーティスト紹介

COSMOS「ド直球!小細工なしの情熱的ロックはいかかが?」

これは「日本のロックを聴け」というブログ。 では「日本のロック」とはなんなのか。 日本人がやっているもの? 日本語で歌われているもの? それとも日本で流行りそうなもの? まぁ考え方はひとそれぞれで、どれも間違...
おすすめアーティスト紹介

noodles「so cute! so cool! so ROCK!」

僕は「ガールズバンド」という言葉があまり好きではありません。 ガールズだから何なのか。 女性だろうと男性だろうとカッコいいものはカッコイイし、カッコ悪いものはカッコ悪い。 そこをあえて区別する必要があるのか。 そう...
おすすめアーティスト紹介

Half-Life「覚悟の先、美しい激情」

やっぱり音楽に限らずアーティストっていうものは、それぞれの信念や覚悟を強く持って活動している方が多いと思います。 しかしリスナーにそれが伝わるとは限らない。 伝わったとしても、それが心を動かすとは限らない。 なんとも世知...
おすすめアーティスト紹介

THANK YOU MY BLOOD「丸く尖った中毒性」

矛盾的にカッコイイ。 THANK YOU MY BLOODのカッコよさを説明しようとすると、そんな言葉が浮かびます。 いろいろ考えてはみたけど、これが一番しっくりきた。 懐かしいようで前衛的。 ファンタジーで日常的...
おすすめアーティスト紹介

The Cheserasera「どこまでも泥臭く、どこまでも美しい」

「売れそうなのに売れないバンド」ってたくさんいますよね。 では何を根拠に「売れそう」と思うのか? 僕の私見ですが「クセがなく」「わかりやすくメロディがいい」バンドが当てはまると思います。(めっちゃ簡単に言いました。笑) ...
おすすめアーティスト紹介

Freebee「音楽の楽しさを思い知らされる、日本語パワーポップ」

皆さんは新しいバンドとの出会いってどんなパターンが多いですか? 今の時代やっぱりYouTubeが主流なんですかね。 ライブハウスによく行くって人は、目当てのバンドの対バンなんかで知ることも多いと思います。 僕も例にもれず...
おすすめアーティスト紹介

oh yes aha「緩くも鋭い、風景画のような抽象画のような」

見たことも聴いたこともないのに、ずっと昔から知ってる感じ。 それは懐かしさとも違くて、遺伝子レベルで感じてしまう確信的な反応。 得体の知れないものなのに、躊躇なく触れることができる。 そんな音。 oh yes ah...
おすすめアーティスト紹介

The Flickers「冷たく熱いサウンド、そのギャップこそが心地よい」

僕が初めてThe Flickers(以下、フリッカーズ)を聴いたのはYoutube。 最初のサビが終わったあたりで聴くのをやめてしまった。 「電子音強めのありふれたバンド」。 そんな風に勘違いしてしまったのです。 ...
おすすめアーティスト紹介

ArtTheaterGuild「完成された若きオルタナ」

僕はthe pillowsが大好きです。 「いや、いきなりピロウズ好き宣言されても、、、」とか思うかもしれませんが、まぁとりあえず聞いてほしい。 ピロウズは高校生の僕をロックの世界へ引きずり込んでくれました。 この出会い...
おすすめアーティスト紹介

ナードマグネット「ありそうでなかった日本語パワーポップバンド」

聴いたことのない曲を始めて聴くときに、1発目の音で「あ、これ絶対いいやつだ」と予感することってありませんか? ありますよね。誰にでもあると思います。 その予感が的中することもあるし、思ったほど良くないこともある。 しかし...