フリージアン(COSMOS)「ド直球!小細工なしの情熱的ロックはいかかが?」

Featured Video Play Icon おすすめアーティスト紹介

これは「日本のロックを聴け」というブログ。

では「日本のロック」とはなんなのか。

日本人がやっているもの?

日本語で歌われているもの?

それとも日本で流行りそうなもの?

まぁ考え方はひとそれぞれで、どれも間違いではないのでしょうが、僕が重要視しているところはそこじゃありません。

僕は「メロディやサウンドに日本特有の何かを感じられるもの」という要素を大切にしている、、、、というか単純にそういうのが好きです。

 

そういう意味でフリージアンというバンドは、僕にとってはたまらなく美味しい要素だらけのバンドです。

実に日本的です。海外をディスっているわけではありません。

海外にしかない風景があるように、当然日本にしかない風景もあるじゃないですか。

「僕はその日本の風景の方が好きでそれが存分に味わえる場所があって最高ですよ!」っていう話です。

 

というわけで今回は、理屈ではなくDNA的にたまらなく好きになってしまうバンド、フリージアンの紹介をしていきます。

スポンサーリンク

  

メンバー

マエダカズシ ボーカル

タナリョー ドラムス

2017年夏
楽器が弾けないので鼻歌で名曲を量産していたVo.マエダカズシのもとに極度のお人好し達が集まり神戸で結成。(HPより)

2021年正月
ギターに重田将司、ベースに田中隆之助を迎え
バンド名を「COSMOS」から「フリージアン」へとパワーアップ。

 

スポンサーリンク

歌心溢れるフリージアンのロック

まず特筆すべきはVoマエダカズシさんの歌心の素晴らしさです。

バンドとしても彼の歌が核になっていると思います。

ホントね、なんていうか、、、、「歌!」って感じ。

はい、全く説明になってませんね。笑

とにかく俗にいう「歌がうまい」とはちょっと違った感じ。うまいんだけど。

取り繕った感がほんとになくて、純粋に伸び伸びと歌ってます。

パッと聴いただけでも、「歌がうまい」というより「いい歌だな」と思えるような歌です。

「いい曲だな」ではない。

「いい歌だな」です。

何を言っているのかわからない人はとりあえず聴いてみてほしいです。

情熱的で、まっすぐで、優しくて、ロマンチックで、切ない。

歌一つでいろんな表情が見えます。

こんな歌、なかなか聴けないですよ。

 

スポンサーリンク

歌に負けず劣らずの情熱的サウンド

情熱的なのは歌だけではなくサウンドもです。

今はメンバーが2人で他はサポートとなっていますが、それでもなおバンドとしての特色が際立つようなサウンドとなっています。

歌につられて音が。

さらに音につられて歌が、、、

といった具合に相乗効果的に曲に力強い命が芽吹いています。

歌だけではなくロックバンドとして最高にカッコイイのは、こういう要素が強いからだと思います。

僕はまだフリージアンのライブを観たことがないのですが、もうカッコイイに決まってますね。

マジで観てみたいです。

 

スポンサーリンク

耳障りの良い、直球ど真ん中の曲

最高の歌、最高の音。

そして曲も最高なんですよこのバンド。

冒頭で触れた「日本的な要素」を強く感じるのもこのへんですね。

とにかく耳障りが良い。

なんか昔から知っていたかのように感じる曲が多いです。

決してありふれた曲とかそういうのではないですよ。

、、、いや、いい意味でありふれているのかもしれません。

だから安心して聴けるのかも、、、。

でも決して聴き飽きた感はなくて、どの曲も質が高くてワクワクさせられます。

1番と2番でメロディーを少し変えたりするやつって僕大好きなんですけど、そういうのもたくさんあって最高です。

作曲をしているマエダカズシさんは楽器が弾けず、鼻歌で曲をつくっているとのこ作っているとのことです。

これを聴いてなんかすごくピンとくるものを感じました。

確かに鼻歌っぽい。安心できる感じが。

誰かの優し気な鼻歌のレベルをマックスにしたらこんな感じになるのかもしれないですね。

 

スポンサーリンク

耳に残るセンス溢れる歌詞

まだ褒めちぎります。笑

歌、音、曲が最高ときました。

ええ、もちろん歌詞も最高ですよ。

僕はいろんな記事で、歌詞は「内容よりも曲との絡め方こそが重要」と言っています。

その曲そのフレーズのために存在するようなワードが最強だと思っています。

フリージアンの楽曲にはそんな歌詞がメチャメチャあるんですよ。

ワードセンスも素晴らしい。

歌詞を気にしないで聴いていても、急に「ハッ!」とするようなワードが耳に残ることも少なくないです。

ホントに非の打ち所がないバンドですね。

クワガタをギターに変えた少年も大人になる

フリージアン

いつの間にか無くなったあの漫画の4巻みたいに
埋めきれない隙間が増えた

ラストシーン

吐き気がするほど ロマンチック

ムーンパレス

映画のように思い出す
映画になんてならないワンシーン

colors

冷めた夜のスローバラード静寂を許す歌がある

ヒトハカゲロウ

  

スポンサーリンク

フリージアン好きにオススメのアーティスト

僕の経験上、フリージアン好きが他に好きだったor好きそうなアーティストを紹介します。

  1. 基本的に現在も活動中のアーティスト
  2. 紹介アーティストのメンバーが他に所属しているアーティストは省略
  3. このブログで紹介したアーティスト、アーティストの性質上どうしても必要な場合などはその限りではない

2

a flood of circle

ArtTheaterGuild

The Cheserasera

THE COLLECTORS

Cryings

Freebee

GRAND FAMILY ORCHESTRA

Gue

LOST IN TIME

the Loupes

LUNKHEAD

oh yes aha

the pillows

THE PINBALLS

The Restaurant

shannons

SIX LOUNGE

ハルカミライ

ハンブレッダーズ

メメタァ

ザ・ラヂオカセッツ

 

もし知らないアーティストがいたら是非聴いてみてください!!

コメント