ロックを聴かない人間にロックを聴かせてみた~後輩T君の場合~

雑記

どーも、オクダです。

僕はもちろん音楽を聴くのが大好きですが、好きな音楽を人に紹介するのも大好きです。

じゃなければこんなブログやってられませんね。

相手に嫌がられなければ無限に紹介し続けたいくらいです。

嫌がってる相手に無理やり聴かせるのも面白そうですが、、、笑

ともあれ自分の紹介した音楽が気に入られた時というのは、なんだかとても嬉しいですね。

 

というわけで、今回は「ロックを聴かない人間にロックを聴かせてみた」ということで、僕が実際に今やっていることをレポートしていく形式の記事をやっていきます。

詳細は下に書きますが、現在進行形でやっているプロジェクトなので、進展があったらどんどん追記していくというシステムでやっていきます。

短編で終わるのか、長編になるのか、誰もわからない。

ありのままを伝える、ある意味僕のプライドを駆けた戦い。

まさに「日本のロックを聴け」という強い意志を胸に、紹介していきます。

よろしくどーぞ。

スポンサーリンク

 

経緯

まず話の経緯から説明します。

先日、僕の勤務先の後輩T君から「最近暇だから新しいことに興味を持ちたい。というわけで、時間があるときにでもオクダさんの知識で僕の好きそうな音楽を教えてほしい。」という旨の相談がありました。

いいね。待ってたよこういうの。

燃える。

時間があるとき?

そんなもんなんぼでも作るわ。

というわけで、僕がひたすら音楽を紹介しても迷惑にならない素晴らしい状況を作ることができたわけです。

 

スポンサーリンク

後輩T君について

このことを記事にするにあたって、T君の情報も少し紹介しておきます。

・僕の1つ下の後輩
・DJが好きなど、音楽は聴くには聴くそうだが、詳細は不明。とりあえずKREVAが好きらしい。
・ロックは聴かない
・ライブハウスには人生で2回しか行っていない。両方とも僕の誘い。
・僕の会社では珍しいシティボーイ
・僕の実家に入ったことのある唯一の同僚
・スロットとバスケとタバコをこよなく愛する
・ダーツとかボウリングとか、そういう類のやつがうまい。
・スノボぼうまい。
・トランプは弱かった。いや、これに関しては僕が強いだけ。

こんな感じの奴です。

そして彼の1番素晴らしいところは、「信頼している人間の、本気に対して、一切忖度しない」というところです。

例えば僕はラーメンが大好きなのですが、いくら僕が奢ったラーメンでも美味しくなければ「美味しくない」とハッキリ言ってくれます。

これが嫌いな先輩の奢りだと「美味しかった」と言うでしょう。

これがパンケーキだったら「美味しかった」と言うでしょう。

だから、音楽も僕が本気で紹介すれば、正直に感じた評価をしてくれます。

こらが僕にとってどんだけ有り難いことか。

今回の企画が成立する大きな要因のひとつです。

 

スポンサーリンク

紹介方法

では、どのように紹介していくか説明します。

①僕がひとつのバンドの曲を5曲教える
②T君から各曲5段階評価で返信がある
③次のバンドを紹介

この繰り返しです。

やりとりはLINEでやってます。

評価基準は「ピンときた具合」。

注意事項として、ひとつ言っておきたいのは「ロックを聴かない人間の現状でのウソのない直感的な評価」なので、バンドのファンにとってはありえないような評価もバンバン出てくるということ。

音楽を絶対的に評価することができないように、彼の評価に対しても我々がとやかく言うことはできません。

なので、彼の事を嫌いにならないでください。笑

 

それでは、レポート開始します!!

amazarashi
『つじつま合わせに生まれた僕等』 ★★
『ラブソング』 ★★
『僕が死のうと思ったのは』 ★
『雨男』 ★★★★
『しらふ』 ★

いきなり手厳しいな、、、笑

『雨男』がハマったのが救いだな。多分僕がamazarashiで1番好きな曲なので。

『しらふ』はわかるとして『僕が死のうと思ったのは』が★1なのか、、、。

よくよく考えたらいきなりamazarashiを聴かせるのが悪かったのかもしれないですね。笑

ちなみになぜamazarashiをトップバッターにしたのかというと、以前僕の車で流れていた『多数決」という曲をT君がとても気に入っていたからです。

amazarashi 『多数決』Music Video

the pillows
『この世の果てまで』 ★
『バビロン天使の詩』 ★
『MY FOOT』 ★★
『Funny Bunny』 ★★★
『ストレンジカメレオン』 ★★

2バンド目にして、膝から崩れ落ちそうでした。笑

特に異様に自信のあった『バビロン天使の詩』がこのざま。

『Funny Bunny』で★5とかなら、これからの紹介の方向性も見えてきそうですが、★3という微妙な数値。

でも、きっといつかわかってくれるでしょう。

the pillows / Funny Bunny

a flood of circle
『ロックンロールバンド』 ★★
『Where Is My Freedom』 ★★★★
『The Beautiful Monkeys』 ★★
『Christmas Time』 ★★★★
『Blood & Bones』 ★

afocを紹介するには割と渋い選曲です。

T君に寄せてラップ要素の強い『Where Is My Freedom』がうまくハマりました。僕も大好きです。

この結果を見ると、「音」よりも「曲」を重視してそうですね。

「カッコいい曲」よりも「いい曲」。

『Where Is My Freedom』が特殊なんだと思います。

Where Is My Freedom

THE PINBALLS
『蝙蝠と聖レオンハルト』 ★★
『片目のウィリー』 ★
『失われた宇宙』 ★★
『CRACK』 ★
『まぬけなドンキー』 ★★

撃沈。

マジか、、、。

『片目のウィリー』★1、、、。

そんな人間いるんだ、、、。

なんか勉強になるな。

僕にとっての「当たり前」が当たり前じゃないんだな。

当然の事だけど改めて感じざるを得ません。

THE PINBALLS / 片目のウィリー

スポンサーリンク

とりあえず

ひとまず今はここまでです。

進捗があったら随時追記していきます。

引き続きよろしどーぞ!!

コメント