継続は力なり!「闘い続ける人へ捧ぐ曲10選」

~な曲○○選

どーも、オクダです。

何かと闘ってる人ってカッコいいですよね。

物事の大小は関係なくです。

どんな些細なことでもその人にとっての闘いならば、それは他人が決して馬鹿にできることではないです。

必ず勝てるわけでもないし、そんなにキレイなものでもないかもしれないし、それに苦しさが伴うことが多い。

それでも困難に立ち向かうその姿勢は思わず応援したくなってしまいます。

僕は何かを継続して頑張ることが苦手なので、こういう人達はマジで尊敬できます。

 

というわけで、今回は「闘い続ける人へ捧曲10選」やっていきます。

まぁ、捧ぐって言っても僕の曲じゃないんですけど。

それでもイチ音楽好きとして、僕なりのエールを送るという意味合いでやっていきます。

または自分が何かへの挑戦を続けるときに聴きたい曲たちでもあります。

結局自己満足ではありますが、素晴らしい曲ばかりですので是非是非心のエネルギーにしていってください。

それではよろしくどーぞ。

 

スポンサーリンク

 

ルール

いつも通りルールに沿ってやっていきます。

ルール
①1アーティスト1曲

今回はこれだけかな。

 

「10曲で1枚のアルバムを作ったら」とイメージしながら作ったプレイリストになるので、物好きな方は続けて聴いてみてください。

 

スポンサーリンク

①コンティニュー? / BYEE the ROUND

1曲目はBYEE the ROUNDの「コンティニュー?」です。

アーティスト目線の歌詞が面白いですが、決して他人事ではありません。

何かと闘う人、もっと言ってしまえば人生を闘う全ての人へ捧げたい曲です。

どんなに悩みがあっても、自分は自分でしかなく、やり残したことも多いはず。

そんな中で足掻く精神こそがやがて力になっていくわけです。

そういう過程とか諸々含んでの人間なのです。

どうせお前はお前から降りれない

コンテニュー?
コンティニュー? | バイザラウンド

スポンサーリンク

②ダイヴ / SEVENTEEI AGAiN

2曲目はSEVENTEEN AGAiNの「ダイヴ」です。

この曲の勢いと爽快感は半端じゃないです。

自分のハートに火がつくのがわかります。

深い海に飛び込むような青い感覚と、確かに感じる熱い衝動の両方を感じることができます。

曲の展開も大好きです。

うるさくて勢い任せな感じなのに優しさもあって最高です。

だから僕に 虚ろう時間はないさ

ダイヴ
ダイヴ | SEVENTEEN AGAiN

スポンサーリンク

③ギター / ハンブレッダーズ

3曲目はハンブレッダーズの「ギター」です。

頭空っぽにしてなりふり構わず突き進んでいく勇気をくれます。

曲中では「ギターでぶっ壊す」と表現されていますが、別にギターじゃなくてもいいと思うんですよ。

心の支えになるものがひとつあれば、それが武器になります。

僕にとってのギターは「音楽」です。この記事を読んでいただいてる皆さんもそうだと思います。

気持ちの上では「音楽」さえあれば僕は無敵なんです。そういう曲。

錆び付いたギターでぶっ壊す
もう全部 全部 全部

ギター
ギター | ハンブレッダーズ

スポンサーリンク

④MY FOOT / the pillows

4曲目はthe pillowsの「MY FOOT」です。

当ブログで何度も触れていますが、僕にとっては非常に大切な曲です。

もちろん何度も勇気をもらってきました。

この曲を初めて聴いたときのことを思い出したくて、挫けそうなときにはいつも聴いてます。

山中さわおさんらしい捻くれた言い回しも大好きです。

本当の意味で「いい歌詞」だと思います。内容も語感もワードセンスも言い回しもね。

雨も水溜りも気にしないぜ
すぐに乾くんだ

MY FOOT
MY FOOT | the pillows

スポンサーリンク

⑤タクシードライバー / amazarashi

5曲目はamazarashiの「タクシードライバー」です。

こういうメッセージ性を重視したお題を作ると、amazarashiの曲は当てはまる曲が多すぎます。

ファンの方でもこの曲を激推しする人間は少数派だと思いますが、僕は激推しです。

曲中に僕の好きなポイントはたくさんあるのですが、その中でも特に「どうぞ行ける所まで行ってくれて構わねえ」の部分が最高に好きです。

カッコよすぎだろ。涙出てくるわ。

不安に押しつぶされそうになっても、やすやすと負けるわけにはいきません。

「かかってこい」という気持ちにさせてくれる曲です。

この長いトンネルは一体いつ抜けるんですかね?
どうぞ行ける所まで行ってくれてかまわねぇ

タクシードライバー
タクシードライバー | amazarashi

スポンサーリンク

⑥フクロウ / つばき

6曲目はつばきの「フクロウ」です。

病気と闘い続けた一色さんの曲だからこそ説得力が半端じゃないです。

心配性な僕はしばしばこの曲のサビを呪文のように脳内で唱えています。

不確定なことに不安になったってどうしようもないんですよね。

諦めではなく希望の曲です。

残念ながらこの曲をリリースした数年後、一色さんは他界されましたが、僕の中ではあなたの曲がリアルタイムで生き続けています。

分からない事ばかりを考えてもきりがないぜ

フクロウ

 

スポンサーリンク

⑦毒蛇のロックンロール / THE PINBALLS

7曲目はTHE PINBALLSの「毒蛇のロックンロール」です。

知ってました?毒蛇ってカッコいいんですよ。

そう思わずにはいられない1曲。

まさにロックンロールを体現している生物かもしれません。

どんなに険しい環境だとしても、全身全霊で前に進みます。

そして蛇なのでバックもできません。それでも進んでいくのです。進むしかないから。

心強い曲です。

もっと恐ろしい場所へ行こう

毒蛇のロックンロール
毒蛇のロックンロール | THE PINBALLS

スポンサーリンク

⑧タテガミ / Large House Satisfaction

8曲目はLarge House Satisfactionの「タテガミ」です。

蛇の次はライオンです。

心と命を燃やして生きていくライオンの姿がイメージできます。

シンプルにめちゃめちゃカッコいい曲なのですが、そこに投影されるライオンの姿がまたさらにカッコいです。

やっぱり闘う者はカッコいいんですよ。

少し寂しげなのもいいですね。

人それぞれの心の中にあるタテガミを燃やして夜を駆け抜けていきましょう。

終わりが欲しいから
かたちが欲しいから
たてがみ燃やして 夜を駆け抜け

タテガミ

※引用できる音源がありませんでした

スポンサーリンク

⑨Rollers Anthem / a flood of circle

9曲目はa flood of circleの「Rollers Anthem」です。

まじで心強いですこの曲は。

バチバチのロックンロールバンドが歌う綺麗事はホントに綺麗で優しいです。

ただただ名曲でしかない。

ホントに救われた気持ちになるからすごいです。

こんなの聴かされたら自分の信念を信じてみたくなります。

これがあれば闘える。

間違ってないぜ
間違うことは
間違ってないぜ

Rollers Anthem
Rollers Anthem | a flood of circle

スポンサーリンク

⑩我に返るスキマを埋めろ / TOMOVSKY

そして最後はTOMOVSKYの「我に返るスキマを埋めろ」です。

これまた名曲中の名曲です。

どうやったらこんな曲が書けるのでしょうか。

内容もワードセンスも素晴らしい。

これくらい夢中になれたら優勝ですね。

目標に向かうために我に返らず進んでいきたいですね。

最後の曲としての抜け感もいいですね。

窓ガラスには 幻想のシールを
壁一面に 錯覚のポスターを
ドアの前に積み上げろ 妄想を
この部屋で 春を待つ

我に返るスキマを埋めろ
我に返るスキマを埋めろ | tomovsky

スポンサーリンク

まとめ

以上、「闘い続ける人へ捧ぐ曲10選」でした。

①コンティニュー? / BYEE the ROUND
②ダイヴ / SEVENTEEI AGAiN
③ギター / ハンブレッダーズ
MY FOOT / the pillows
⑤タクシードライバー / amazarashi
⑥フクロウ / つばき
⑦毒蛇のロックンロール / THE PINBALLS
⑧タテガミ / Large House Satisfaction
⑨Rollers Anthem / a flood of circle
⑩我に返るスキマを埋めろ / TOMOVSKY

いやー、簡単なようでなかなか難しかったです。

自分を勇気づける時は、割と内容よりも感覚で火を点けてる部分があるので。

なので意味的にも感覚的にもピンとくるものを探しました。

ひとまず僕は満足です。

あとは聴いてくれる人がいて、その人たちが満足してくれれば100点ですね。

 

音楽の持つ力ってやっぱりすごいと思います。

僕の人格は学校教育ではなく音楽で形成されてますからね。(あまり褒められた人格じゃないけど)

とにかく人の人生を大きく左右する力は絶対にあると思います。

ひたすら僕の主観で音楽を紹介しているブログですが、どこかの誰かの人生を左右させるような音楽を紹介できていれば最高ですね。

そんなことできるのかな。

いや、少なくとも無駄ではないでしょう。

きっと誰かの役に立ってると信じて僕も闘っていきます。(実際は楽しんで書いてるから闘う感覚はない)

それでは、今後ともよろしくどーぞ。

コメント